任意保険のメリット

任意保険とはどんなもの?

自動車のオーナーは車検時に自賠責保険に加入しなければなりません。事故を起こして他人を死傷させた際に、治療費や慰謝料を賠償する資力がないと、被害者が困るからです。ただし、強制加入の自賠責保険は、対人賠償だけで対物賠償といった他の補償は付いていないうえ、対人賠償の上限額も低く、重大事故に対応するには十分と言えないでしょう。そこで、自賠責保険のほか、任意保険に加入する運転者が多いのです。一般的に、対人と対物の賠償の上限額は、無制限となっている任意保険がほとんどです。

様々な民間保険会社が任意保険を提供しており、ユーザーは自分の車のタイプや乗り方に合わせた保険を選べます。任意とは言え、誰でも事故を起こす可能性があるので、任意保険への加入は必須と言えるでしょう。

任意保険に加入するメリット

いくつかの任意保険には、年間の走行距離や運転免許の種類によって割引制度があり、あまり車に乗らないオーナーや無事故でゴールド免許のユーザーが安い保険料で加入できます。運転者を限定すると、さらに保険料を下げられるでしょう。また、対人と対物の賠償といった基本補償のほか、オプションで車両保険や搭乗者傷害保険なども付けられます。こうした保険は、事故の相手が無保険でも、自分の車の修理費や同乗者の怪我の治療費や慰謝料を保険会社から補償してもらえるのです。

さらに、弁護士費用特約や日常事故賠償特約などを付帯すると、示談交渉の代理を弁護士に依頼する費用や自転車走行時など車外の事故の賠償もカバーされます。事故の際には、保険会社に電話すると、担当者が事故の相手とその場で交渉してくれるサービスもあります。