自賠責のメリット

相手への最低限の補償ができる

自賠責保険のメリットとしてまず挙げられるのが、いざという時に被害者を救済してくれることです。それがないと全額自己負担となり、ケースによっては高額な費用を自分で出さないといけなくなります。自賠責保険は加入が義務付けられていますが、それは自動車事故を起こしたときに被害者を救済する目的です。自賠責保険の補償対象は被害者の人的損害のみと最低限の範囲ですが、これがないと安心して自動車を運転することはできません。 保証の限度額は被害によって違っていて、例えば怪我による損害だと120万円、死亡なら3000万円です。後遺障害がある損害だと4000万円で、物損に対する損害は対象外です。事故によって相手の車・ぶつかった建物などに被害が生じたときは保険金が下りません。また、自分自身の怪我や自分の車の損害も対象外です。

自賠責保険に入っていないと

対人・対物の補償をカバーしている任意保険には、対人賠償責任保険と対物賠償責任保険があります。これらは多くのケースで保証金額が無制限になっています。事故をして相手が亡くなってしまったときや、呉服を積んだトラックが炎上して、数億円の被害が出るなどしたときには、高額な保険金が必要になるからです。
自賠責保険がなくても、これらの任意保険で全てカバーできると勘違いしている人は意外と多いです。

知っておかなければいけないのは、任意保険から補償されるのは、あくまでも自賠責保険でカバーしきれなかった部分だけということ。自賠責保険がなければ、賠償金は自己負担となります。
例えば交通事故で賠償額が1億円になった時、自賠責保険からは3000万円、残りの7000万円は任意保険から補償されることになります。自賠責保険がなければ、任意保険の7000万円しか補償されず、 3000万円は自己負担です。自賠責保険の大切さが具体例を見るとよくわかります。